こだわりテーマ

 

田中建設自慢の「木」と「大工」

田中建設自慢の「木」と「大工」
 
~プレカット編~
 
現在日本の木造住宅現場において90%以上を占めるといわれている“プレカット”にまつわるお話です。
 
プレカットとは・・・柱や梁などの建築材を工場の機械で設計通り事前に加工しておくものを言います。
また、プレカットにより、品質にばらつきがなく安定し、工期短縮に伴う人件費抑制等が魅力でもあると言われています。我々もそれらを否定はしません。しかし一方では、熟練の大工さんによる手刻み加工によって、一本一本異なる木の特性や現場の状況に合わせたりするなど、機械にはできない微妙な調整を行うことができるので、どちらが正しく合理的であるかという天秤にかけるものでもないのだと考えます。ただ、プレカットの普及により大工さんの“技”が失われつつある事は確かです。
   
※「手刻み加工」によるいいところはあるの?
無垢材は化学物質を含まない自然素材であり、湿気の多い日は水分を吸収し乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうするため「縮む」「膨らむ」という性質を持ちます。それと同時に「反り」や「ねじれ」などの狂いが避けられない扱いの難しい材料なので、加工前に経験と勘を頼りに必ず木の「癖」を読んでおく必要があります。機械では木の「癖」までわかってくれませんよね。木の性質や強度、保水率等一本一本異なる木に対し、我々にはこの木はこうだからこうという受け継がれてきた答えがあるのです。
よって、メリットという点においても無垢材には手刻み加工が適しており、確かな技術と精巧な仕上げを要するという事をご理解頂けたと思います。
 
※「手刻み加工」はすごいけど高くないの?
そのような事はございません。
技術のある大工をはじめとした田中建設の職人達が一つのチームとなり、さらには現場ごとに役割を担い合う事で無駄を省き、設備の整った加工場や材木置き場にて無理なく仕事ができているという恵まれた環境があるのです。受け継がれてきた大工の技術はそのままに、企業努力と職人達のがんばりによって成り立っていると言えます。
 
 
次回はプレカットと手刻み加工の違いがもたらす構造体への“差”について掲載予定です。
 

田中建設自慢の「木」と「大工」

田中建設自慢の「木」と「大工」
 
~プレカットと手刻み加工の違いがもたらす構造体への差について~
回より難しく細かい話が続きますが・・・
プレカットは寸分の狂いもなく加工され精度に優れていると言えますが、木と木が組みあう時接合部が固くなってしまいがちと言われています。接合部が固くなりすぎると仕口(加工して彫った部分)に地震力または揺れが集中し、その力をうまく“いなす“ことができなくなり木を痛めやすいというデメリットに繋がる可能性があります。そこで、手刻みによる加工により、プレカット並みの精巧な仕上げを実現していますし、プレカット程の”あそび“のない構造体とは違い、地震等の揺れに対しその力を抑えつつ吸収できる計算となります。
 
気になる「耐震」について
 
仕口(加工して彫った部分)は木造建築物の耐震性能を左右する重要な部分であります。
木造軸組工法は地震発生時に木材同士(構造体)が、地震力を吸収・減衰し、弱点でもある仕口に力が集中する事を防いでいるのです。我々は、木の持つ強さを失う事無く地震に強い“家”をつくるのは、このような見えない所にこそ力を注ぎ、当たり前のことに対してしっかりと技術で応える事が大切だと考えております。また、我々は香川県内においても、高い技術力を持って精度の高い施工ができる数少ない住まいの作り手であると自負しております。詳しくは 「施工実績」 をご覧ください。
よく見かける構造見学会。非常にわかりやすい取り組みだと思います。しかし、そのような場では見ることのできない、さらに細かい“仕口”や”木の状態”気になりませんか?そこに技術の差が出ますし、それは住む家や木の持つ強さに直結しますよね。
コスト重視のプレカット材が蔓延している今日、受け継がれてきた伝統工法による田中建設の”強い家”の一つとして紹介させて頂きました。
 
新築や増改築、リフォーム等をお考えのお客様へ
 
現在ほとんどのお施主様が“耐震”というものに敏感であり、特に新築をお考えのお施主様にとって「頑丈で安心して住むことができる家を建てたい」と思うその優先順位は非常に高いものと察します。田中建設がお届けする「技」と「デザイン」に磨きをかけた本格純和風住宅や新和風住宅をはじめ、ナチュラル・モダンといった洋風住宅等、すべての住まいに対してこだわりを持ち、常に感謝の気持ちを忘れず丁寧な施工を社員一同強く意識しています。「田中建設さんはいつもいい木をつかっているね!」や「腕の良い大工さん達を抱えていますね!」等々、地域の方々からありがたいお言葉を直接頂く事も少なくありません。口コミでの紹介が大半をしめる事も弊社の特徴でもあります。
これからも、建築設計士や現場監督、そして大工チームによる木造建築の精鋭集団として、伝統工法を継承しつつ最新の住宅システムとの融合と両立を目指した地震に強い家「ほんまもんの家づくり」を皆様に提供し続けていきます。
   
次回は大工さんの紹介と社寺建築についてです。

株式会社田中建設
〒767-0004
香川県三豊市高瀬町比地1389-1
TEL.0875-72-5021
FAX.0875-73-4491

──────────────
総合建設業
■建築工事・・・・
  鉄筋コンクリート造、
  鉄骨造、木造建築
  個人住宅、共同住宅、増改築、
  リフォーム
■土木工事・・・・
  外構、植栽、ガレージ、
  門扉・塀
──────────────
■業務内容:
  官公庁30%・民間70%
■建設業許可:
  香川県知事許可
  (特-24 第2018号)
■建設業許可業種:
  土木、建築、とび、土工
■一級建築士事務所登録:
  香川県知事登録 第301号
■宅地建物取引業:
  香川県知事(5)第3251号
■取引銀行:
  百十四銀行高瀬支店、
  観音寺信用金庫高瀬支店
■有資格者:
  一級建築士 5名
  一級建築施工管理技士 6名
  一級土木施工管理技士 1名
  二級建築士 5名

  二級土木施工管理技士 2名
  宅地建物取引主任者 1名
  建設業経理事務士 2級 2名
 

009864
<<株式会社田中建設>> 〒767-0004 香川県三豊市高瀬町比地1389-1 TEL:0875-72-5021 FAX:0875-73-4491